EC通販物流

通販物流
システム構築

HOME > EC通販物流 > 通販物流システム構築

高品質なEC通販物流で購入者様に『魅せる・体感してもらう』をご提供

EC通販物流システムの構築

同業他社や規模の大きな企業にも打ち勝てる戦略を立てませんか?
高品質な物流で購入者様に『魅せる・喜んでもらう』を提供する 他社に負けないを作り上げる


イレギュラーが発生すると対応しきれなかったり、バックエンド業務や商品販売など力を入れたい業務に取り組んでもうまくいかなかったりと足踏み状態が続いている。可能性を諦めてしまわずにご相談ください。
あらゆる角度から手つかずな部分を解決します。

EC通販物流システムの構築

ECサイト運営には大きく分けて、バックエンド業務とフロント業務の二つがあります。
さらに、バックエンド業務は【商品登録業務】【受発注業務】【管理業務】の3つに分かれます。

どれも負荷のかかる業務です。EC通販の普及でEC物流をアウトソーシングするネットショップ様が増えています。まだまだ受注の件数が少ない時点からアウトソーシングしているネットショップは販売数が伸びるスピードも違います。開業当初はどの業務もこなしてきているのが物流業務です。開業当初の状態でも全力でバックアップいたします。
Amazon FBAへの出荷代行も承っております。

EC通販物流オプション

  • コスト削減
  • 出荷作業にかかる時間短縮
  • ピッキングミスによるクレーム対応の削減
  • アウトソーシングするからには物流を含めたバックエンドの質の向上
  • マーケティングや商品開発への注力

配送中のキャンセルまたはクレームが発生し、返送処理をする場合でも、費用が掛かってしまいます。費用以上に手間も増えているはずです。

商品登録業務

ネットショップ運営で最も重要になってきます。商品の登録をしなければ店舗に陳列できません。商品情報、商品撮影、これにかかる画像加工、スポットが当たりにくいけど大変負荷のかかる業務です。継続が大切な業務になります。
商品登録前の商品の撮影に撮影後に必要なレタッチや自社アカウントのSNS運用も大切ですが、商品が認知されていなければ誰の目にも留まりません。

受発注業務

倉庫業務では受注から発注までを担う中で細かい作業がかかってきます。メーカーへ発注した商品が倉庫へ入庫され、ネットショップから注文がきた商品を出荷していきます。出荷ではピッキング,納品書封入,送り状作成,運送会社へ引き渡しというような流れで数十件の受注でもそれなりの時間を要します。また、ピッキングミスをしてしまうとクレームも起こり損失が発生します。

発送完了すると完了メールを送信し、商品が到着するとフォローメールを送ったりと顧客を大切にした『おもてなし』が不可欠です。

受注が増えると受注管理が煩雑になりがちです。そこで活躍する受注管理システムも存在します。一括で管理ができます。メール処理も自然と増えてきます。PDCAからPDCFA『F』はフィードバックです。良し悪し含めフィードバックも重要な要素です。

電話対応とメール対応の割合で検討も必要ですがメール対応であれば『誰が、どのタイミングで』対応したのかメールシステムで進捗管理を社内で共有が可能になります。

管理業務

ネットショップ運営で麻痺させてはならない業務が管理業務です。アクセス解析、目標値設定や達成状況のデータ分析。外部システム連携の比較・検討・導入のシステム強化。ここでもフィードバックが発生します。課題となっている部分の見直し、前向きな企画。ECも自社運用だと日々進化しています。新機能が追加されたり、今までの流れと違う流れで購入ルートが発生していたりします。

トレンドやフローの見直し、戦略。常にアンテナを張り巡らせた状態で管理業務は必要です。

このようなバックエンド業務をアウトソーシングさせ、環境を変化させ教育にかかるコストや注力の仕方で業務以上の目に見えない『コスト・時間』がかかってしまいます。

フロント業務

売上げに繋がるマーケティングです。手法の進化も目まぐるしいほどにに変化していきます。ここでもアンテナが必要になってきます。販売促進によるキャンペーンやDM(ダイレクトメール)の同梱の立案。SEO、リスティング、リターゲティング、メルマガ、アフィリエイトだけでなく、ソーシャルやコンテンツを用いての集客。訴求力の高いネットショップのページ構築や導線の見直し。

マーケティング業務も多様化して難しくなっていく中、ニーズやトレンドをいち早く察知できる環境を整えているでしょうか?

収支の見える化と売上げアップにつながる経営・運営を強化することにより先の数字や目標までの期間が目に見えてきます。『見渡せる』にフォーカスしてみませんか。

物流をアウトソーシングしてもこの先体制を大きく変化させていかなければなりません。そんな時に柔軟性や融通のきく環境があると心強いパートナーとなります。

商品撮影業務

商品を弊社にお送りいただき、撮影業務も行っております。 商品撮影後のレタッチまで可能です。撮影機材はNikonのフルサイズ一眼レフカメラです。

ブランドコンテンツ広告

Instagramのブランドコンテンツ広告とは、クリエイター(インスタグラマーなど)の作成したオーガニック投稿(通常の写真や動画投稿)を企業・ブランドが自社の広告として配信できるInstagram広告の配信手法の一つです。
弊社の公式アカウントではなく、運用のあるinstagramアカウントにて商品紹介を行ってブランドコンテンツ広告の打ち出しで販売促進をすることも可能です。
自社で打ち出す広告よりも透明性も保たれて信頼を失わずに広告配信をすることが期待できます。
広告運用でお悩みの際にはお問い合わせください。

ソーシャルECが今注目されています。
・インフルエンサーを活用したソーシャルEC
・instagramからそのまま購入できるコンテンツ型のソーシャルEC
・サブスクリプションタイプのソーシャルEC
まだまだこの辺りは日本は黎明期ですが取り組みに着手しておけばさらなる販路拡大も期待できます。

ネットショップ運用の目標設定

  • 売上げ目標150%達成!
  • 目標クレームゼロ!
  • 新商品○○点考案!

様々な目標を限りなく近づけるためにはどこかをスムースにしない限りは実現できない夢に終わってしまいます。

目的を明確にし、状況を打破して未来を創造できるネットショップ通販物流システムを!

弊社が業務を引き受けることになっても環境は変化していきますので予定と違った内容も発生することがあるかと思います。 そんな時でもお悩み・ご相談はお申し付けください。