EC通販物流

オールインワン

HOME > EC通販物流 > オールインワンEC通販物流

コストダウンだけを求めるのが物流ではありません

オールインワンEC通販物流

コスト削減につながるご提案もいたします。
コスト削減だけの物流アウトソーシングよりも
戦略的アウトソーシングへシフトしませんか?

限界まで削っても劇的な利益率向上には至りません。ECサイトの運営は商品販売する事が目的なのです。
自ずとEC物流が活性化してくるため利益を最大化させて新たにEC物流への投資ができるようになってきます。
BPOで戦略的に物流業務のシフトや商品撮影業務のアウトソーシングをして内製化するよりも効率化させ積極活用してください。

自社でEC物流の構築をするには莫大なコストと時間がかかります。システム導入費、場所の確保のための自社倉庫の家賃、倉庫の棚や機器の導入コスト、人材難と叫ばれている状況での人材確保、人材確保も1人確保するまでの労力も費用もかなりのものです。

EC物流の戦略を見直し「戦略物流」にシフトしませんか?
思っていたよりもコストが嵩んだり出荷量が下がることも、多くなることも当然ございます。ここで『出来る、できない』のやりとりが発生してしまい、うまくいかず物流会社の乗り換えまたは自社運用に逆戻り...

これでは元も子もなくなってしまいます。
抱えている課題を解決するために投げかけてください。EC物流のヒントが見つかるはずです。

弊社がご提供するオールインワン物流は倉庫入荷・出荷からお客様の手元へお届けするまでスピーディーに確実に行うことをお客様と一緒になってパートナーとしての関係を構築いたします。

相違のないEC通販物流サービスのご提案

導入支援のページとは別での料金をご希望の場合は詳細をさらにシミュレーションした料金のご提示をいたします。
ヒヤリングも増えますが不一致を防ぎます。
EC通販物流業務をアウトソーシングしていただくにあたり意図や目標を視て、持っていただきそれに向かった取り組みを構築します。

物流品質がものの見事に目に見えてくるはずです。
弊社は通販ネットショップでの受注をいただいてから発生する物流業務も接客の一つだと認識しております。
通販ではレビューで目に見えて出てきてしまいます。消えないし隠したくもなるはずです。 新規購入者がスルリ…問題なく提供できていればリピーターになっていたはずです。これではせっかくの自慢の商品が台無しです。
物流作業をアウトソーシングするにあたって作業をする会社と見るのではなく必要な協力会社として見ていただき、売上向上や商品開発、販路拡大の施策を練っていただきたいと考えております。

弊社がお客様にとって大切なパートナーとなるご支援をいたします。

通販物流フルフィルメントサービス


通販サイトの構築、構築後に係る商品撮影、決済手段の選定、受注業務と構築前にも構築後にも発生する業務はたくさんありますがこれらの業務を一元で管理して環境を構築できるサービスがEC通販物流フルフィルメントサービスです。

通販物流オプション


作業の効率化で売れる仕組みを構築してよりよい環境、サービスをお客様に提供することによりリピーター増加に繋げれるような売れるネットショップ作りへ励んでください。
発送業務よりもお客様とコミュニケーションを取る機会を増やす施策も大切です。大切なお客様の心を動かす仕組み作りをしませんか?

弊社がご提案するEC通販物流ではECサイト内での取り組みの提案から商品入荷前の引き取り、発送までにかかる作業もご提案可能です。

各種システム連携

1.開店するにはモールや自社ショップが必要となります。ショップ開店のためのサイト構築もご相談ください。
これからのお客様も現在進行形のお客様も関係ありません。

2.開店ができたら?次は商品登録です。商品登録するには既存の写真をさらに見栄えをよくするために商品の撮影で他社と差別化が必要です。
弊社では倉庫に商品を入庫していただいて商品の写真撮影を行い、データを送付します。
購入者から受注がきたら物流業務が発生します。この物流業務が非常に重要な役目を果たします。

3.受注が増えてきたら?別々に処理を行いますので間違いなく処理が面倒になります。
そこで活躍してくれるシステムが受注管理システムです。
受注管理システムとは楽天モールやYahooショッピング、さらには自社ショップの受注が全て一括で処理が行えるシステムです。
受注管理システム導入検討をされる場合には完璧なシステムはないため、自社の業務にあったシステム選定をしてください。拡張性やアップデートの頻度など検討材料は様々です。

4.物流業務の出荷で梱包する際に必要な梱包資材や倉庫資材もそれなりにコストがかかります。この部分ではコスト削減と購入者が目を引く資材をご提供することもできます。
どういったものを求めていらっしゃるのか伝えていただければご提案いたします。

5.上記の処理が増えてくるとメール処理が煩雑になります。
誰が処理したのか、進捗状況の管理ができなくなってお客様へもご迷惑をおかけすることになってしまいます。

それぞれのシステムを連携させ、設立当初からのパートナー、規模拡大に伴いアウトソーシングを検討中の企業様全てのお客様が対象です。
物流品質向上とさらなる飛躍を遂げていただくために的確で明確なご提案をいたします。
インフルエンサーとしてのお仕事も商品撮影、さらには商品撮影後のレタッチなども行っております。

車両手配でお困りの際にはチャーター便小口配送での車両手配も可能なのでご相談ください。